Author Archives

借入時に必要なもの

16/09/01
/ / /
Comments Closed

学生ローンを利用する場合に必要となるものは、身分証明書と学生であることを確認できる書類の提出が必要となります。学生ローンの場合は限度額が50万円までとなっているため収入証明書の提出が不要となります。その為収入証明書を準備する必要が無く、身分を証明できる運転免許証や健康保険証の提出と学生の証明書を準備すれば申し込みが可能になります。ただし注意しなければいけないのが、運転免許証の場合は現住所と免許証の住所が同じでなければいけませんし、保険証などの場合も現住所を証明できる書類が別途必要となります。

学生の場合、学校に通うために一人暮らしや寮生活などを行っていることも多く、免許証などの住所変更を行っていなかったり、現住所の変更を行っていないということも考えられます。その場合、現住所と身分証明書の住所に差異が生じることもあり、この場合には審査を受けられないということも考えられます。それと学生証などの学生である証明書が準備できない場合も審査を受けられませんし、学生証があるけれど身分証明書が無いというケースも必要書類が揃っていないことになるので審査対象外という扱いになる恐れがあります。安心して審査を受けたい場合は身分証明書と学生証を準備して、住所に問題が無いかを確認することが重要となります。

学生が受けられる銀行ローン

返済プラン学生が年度始めに受けられる銀行ローンがあると聞いて申し込んでみました。授業料の支払いなど何かと費用がかさむ年度始めのみの受付けで10万円のローンを組むことができます。返済期間は1年で、借りた次の月から分割払いするのが通常ですが、すぐに返せる目処がたっていない人は、借りた月から3ヶ月後の月からの分割払いも可能です。尚、利子は無利子なので1年後にまとめて返しても、ローンを組んだ額10万円を返せば良いだけです。

申し込みに必要な書類は、学校の滞在証明、奨学金を貰っている場合はその証明書類、それから身分証明書のみでした。銀行側で口座の状態を調べた上で、個人差はありますがだいたい2週間ほどで10万円が口座に入金されます。私の場合は、このローンで借りた10万円で授業料を支払いました。月額約8000円ほどを返していけば良いので、借金したという感覚があまりなく気分的にもとても楽です。

無利子なのも有難いですし、本当に素晴らしいサービスだと思います。

バイト収入との関係

16/08/25
/ / /
Comments Closed

学生ローンを利用する場合には必ず収入があることが利用するための最低条件となり、これに関しては通常のカードローンと何ら変わらない条件となっています。これは学生ローンを利用するためには貸金業法の法律を守る必要があり、貸金業法では安定した収入が確保できており、尚且つ年収の三分の一までという貸付の限度が決められています。その為学生の場合はアルバイトなどで収入を得ていない場合には学生ローンの利用が出来ないということになります。

アルバイトをしているということは安定した収入を確保していることに繋がりますし、それにより学生ローンを利用するための条件を満たしていることになります。その場合、アルバイトの収入により借りることが出来る金額に大きな差が生じることになります。

例えばアルバイトで年収90万円稼いでいればその三分の一にあたる30万円が借りることが出来る限度額になりますし、年収が30万円の場合は10万円までしか借りることが出来ないということになるわけです。要するにアルバイトの収入が多ければ多いほど借りることが出来る金額が増え、逆にアルバイトの収入が少なければ少ないほど利用できる額も大幅に減少するということになります。

学生キャッシングのメリット

お金キャッシングと言うだけでも様々なキャッシングがあり、大手金融会社のカードローン然り、中小の小口金融の立派なキャッシングになります。その中でまだ社会に出ていない学生を対象とした、学生キャッシングと言うものも存在します。

どういうものかと言えば読んだ字の如く学生を対象としたキャッシングで、学生に対しては審査も比較的甘く、またあまり大きな収入を見込めない学生ですから、月々の返済額や金利といったものも比較的返済しやすい設定となっているのが特徴です。

学生キャッシングの大きなメリットと言えば、他の金融会社と違い、学生を対象としている為、月々の金利、返済額が低めに設定されている事です。例えば、一人暮らしをしている学生の場合、身内の急な事情があって突然帰らなければならない時、すぐにはお金を調達はできません。そういった時に学生キャッシングを活用するとすぐに資金が調達できます。ういった活用法をおすすめします。くれぐれも遊ぶ金欲しさにむやみに手を出さない事です。

いくら学生とはいえ借りたお金はきちんと返済しなくてはいけません。

枠を増やすことは可能?

16/08/16
/ / /
Comments Closed

電卓とお金学生ローンの限度額は50万円という設定になっていますが、50万円の限度額まで借りるためには150万円の年収が必要となります。この限度額を増やすことは可能なのかといえば、少なくとも150万円以上の年収が必要となります。これは総量規制により年収の三分の一ルールが設定されているためで、150万円の収入があれば50万円の限度額まで借りることが出来、それ以上の借り入れを行う場合には増額申請を行う必要があるのと、年収が150万円以上必要ということになります。例えば限度額を70万円にしたければ年収が210万円必要になりますし、それ以上借りたい場合にはさらに年収が多くなければ不可能ということになります。

しかし学生の場合アルバイトくらいしか収入を確保する手段がありませんし、アルバイトのみで年収150万円以上を稼ぐということは月収12.5万円ほど必要になるため、50万円以上の増額を行うのはなかなか難しいと考えたほうが良いでしょう。アルバイトを増やせば何とかなることも考えられますが、そうなると学業に支障が出る可能性も高いので現実的ではありません。もちろん収入が確保できれば増額申請を行うことで増額可能になることもありますので、100%無理ということではありません。

カードローンの基礎知識と特徴

保証人が不要で金融機関や保証会社等の審査を受け無担保でお金を借りる事が出来るローンで、カードを作成する事でそのサービスを利用することが出来るものを一般的にカードローンと呼んでおり、限度額内であれば何度でもお金を借りたり返したりできるものです。原則として個人としての利用をするものであり、事業資金としてカードローンを利用する事は不可となっています。借入限度額は年収や他に借り入れしているものがあるかどうかで算定され、総量規制制度を基に決められます。

カードローンの多くは貸金業者よりも金利が低いのが特徴で、カードローンを利用する事により、カードを発行している金融機関から様々な特典や優遇サービス、ポイントなどが加算されたりする機能が付いていることも特徴です。ATMなどから簡単に利用する事ができるため、気軽にカードローンを使用する人が増えていますが、カードローンも借金であるという自覚を持って節度ある利用を心がける必要があります

学生ローンの限度額

16/08/10
/ / /
Comments Closed

学生が利用できる学生ローンにも限度額というものが設定してあり、その限度額以上の利用は不可能となっています。学生ローンの場合は、社会人ではなく学生であるということと貸金業法との関係があるため、基本的にはどの学生ローンでも50万円までが借り入れできる限度額となっています

何故50万円という限度額になっているのかといえば、学生という収入があまり見込めない状態であるため無理な貸付を行うことで生活が困窮するのを防ぐという意味合いと、学生でも気軽に使用できる金額を考えた場合、それが50万円までであるという貸金業者の判断によるためです。その為50万円を超える貸付は原則的に行っていません。法律の問題も大きく、もし50万円を超える貸付を行う場合には、収入証明書の提出が必須となるという問題があるのと、学生の場合収入があるとしてもアルバイトでの収入に限られているという側面から社会人とは区別して貸付限度額を50万円までという設定に引き下げているわけです。社会人ではカードローンといった便利はものが利用しやすいものもあります。

ただし注意しなければいけないのがこの50万円という限度額はあくまでも限度額であるため、誰でも申し込めば必ず50万円借りられるというわけではありません。これは貸金業法の総量規制で貸付金額の規制がかけられているためです。その為総量規制に基づき年収の三分の一を超える貸付は出来なくなっていますのでアルバイトの収入によっては限度額である50万円まで借りることが出来ないということになります。

カードローンの便利さと、利用する時の心得

銀行カードローン、利用できると大変便利なものである。最近はネット上の広告からでも加入でき、パートやアルバイトの人でも申し込み可能なため、結構カードローンを利用している人は多いのではないかと思う、ものによっては年会費無料、金利も安いか、金融機関によっては、一定期間無料という所もある。しかも限度額はそこそこあるため、いざという時のために、カードを一枚持っておくのも悪くはないのだろう。

また、審査の速さ、これも強みである。与信を必要とするカードの審査は、どうしても時間がかかる。こちらは早く借りたい。その日のうちに審査結果がわかる、あるいはその日のうちに融資が可能なシステムは、それだけでもありがたい。無論、その便利さゆえに、計画的な利用が求められてくる。

借りるということは、同時に返済するということでもある。返すのに無理のない金額を借りるようにしたい。くれぐれも、調子に乗って使いすぎたりすることのないように。