Monthly Archives 9月 2016

借入時に必要なもの

16/09/01
/ / /
Comments Closed

学生ローンを利用する場合に必要となるものは、身分証明書と学生であることを確認できる書類の提出が必要となります。学生ローンの場合は限度額が50万円までとなっているため収入証明書の提出が不要となります。その為収入証明書を準備する必要が無く、身分を証明できる運転免許証や健康保険証の提出と学生の証明書を準備すれば申し込みが可能になります。ただし注意しなければいけないのが、運転免許証の場合は現住所と免許証の住所が同じでなければいけませんし、保険証などの場合も現住所を証明できる書類が別途必要となります。

学生の場合、学校に通うために一人暮らしや寮生活などを行っていることも多く、免許証などの住所変更を行っていなかったり、現住所の変更を行っていないということも考えられます。その場合、現住所と身分証明書の住所に差異が生じることもあり、この場合には審査を受けられないということも考えられます。それと学生証などの学生である証明書が準備できない場合も審査を受けられませんし、学生証があるけれど身分証明書が無いというケースも必要書類が揃っていないことになるので審査対象外という扱いになる恐れがあります。安心して審査を受けたい場合は身分証明書と学生証を準備して、住所に問題が無いかを確認することが重要となります。

学生が受けられる銀行ローン

返済プラン学生が年度始めに受けられる銀行ローンがあると聞いて申し込んでみました。授業料の支払いなど何かと費用がかさむ年度始めのみの受付けで10万円のローンを組むことができます。返済期間は1年で、借りた次の月から分割払いするのが通常ですが、すぐに返せる目処がたっていない人は、借りた月から3ヶ月後の月からの分割払いも可能です。尚、利子は無利子なので1年後にまとめて返しても、ローンを組んだ額10万円を返せば良いだけです。

申し込みに必要な書類は、学校の滞在証明、奨学金を貰っている場合はその証明書類、それから身分証明書のみでした。銀行側で口座の状態を調べた上で、個人差はありますがだいたい2週間ほどで10万円が口座に入金されます。私の場合は、このローンで借りた10万円で授業料を支払いました。月額約8000円ほどを返していけば良いので、借金したという感覚があまりなく気分的にもとても楽です。

無利子なのも有難いですし、本当に素晴らしいサービスだと思います。