バイト収入との関係

バイト収入との関係

16/08/25
/ / /
Comments Closed

学生ローンを利用する場合には必ず収入があることが利用するための最低条件となり、これに関しては通常のカードローンと何ら変わらない条件となっています。これは学生ローンを利用するためには貸金業法の法律を守る必要があり、貸金業法では安定した収入が確保できており、尚且つ年収の三分の一までという貸付の限度が決められています。その為学生の場合はアルバイトなどで収入を得ていない場合には学生ローンの利用が出来ないということになります。

アルバイトをしているということは安定した収入を確保していることに繋がりますし、それにより学生ローンを利用するための条件を満たしていることになります。その場合、アルバイトの収入により借りることが出来る金額に大きな差が生じることになります。

例えばアルバイトで年収90万円稼いでいればその三分の一にあたる30万円が借りることが出来る限度額になりますし、年収が30万円の場合は10万円までしか借りることが出来ないということになるわけです。要するにアルバイトの収入が多ければ多いほど借りることが出来る金額が増え、逆にアルバイトの収入が少なければ少ないほど利用できる額も大幅に減少するということになります。

学生キャッシングのメリット

お金キャッシングと言うだけでも様々なキャッシングがあり、大手金融会社のカードローン然り、中小の小口金融の立派なキャッシングになります。その中でまだ社会に出ていない学生を対象とした、学生キャッシングと言うものも存在します。

どういうものかと言えば読んだ字の如く学生を対象としたキャッシングで、学生に対しては審査も比較的甘く、またあまり大きな収入を見込めない学生ですから、月々の返済額や金利といったものも比較的返済しやすい設定となっているのが特徴です。

学生キャッシングの大きなメリットと言えば、他の金融会社と違い、学生を対象としている為、月々の金利、返済額が低めに設定されている事です。例えば、一人暮らしをしている学生の場合、身内の急な事情があって突然帰らなければならない時、すぐにはお金を調達はできません。そういった時に学生キャッシングを活用するとすぐに資金が調達できます。ういった活用法をおすすめします。くれぐれも遊ぶ金欲しさにむやみに手を出さない事です。

いくら学生とはいえ借りたお金はきちんと返済しなくてはいけません。

Comments are closed.