バイト収入との関係

学生ローンを利用する場合には必ず収入があることが利用するための最低条件となり、これに関しては通常のカードローンと何ら変わらない条件となっています。これは学生ローンを利用するためには貸金業法の法律を守る必要があり、貸金業法では安定した収入が確保できており、尚且つ年収の三分の一までという貸付の限度が決められています。その為学生の場合はアルバイトなどで収入を得ていない場合には学生ローンの利用が出来ないということになります。

アルバイトをしているということは安定した収入を確保していることに繋がりますし、それにより学生ローンを利用するための条件を満たしていることになります。その場合、アルバイトの収入により借りることが出来る金額に大きな差が生じることになります。

例えばアルバイトで年収90万円稼いでいればその三分の一にあたる30万円が借りることが出来る限度額になりますし、年収が30万円の場合は10万円までしか借りることが出来ないということになるわけです。要するにアルバイトの収入が多ければ多いほど借りることが出来る金額が増え、逆にアルバイトの収入が少なければ少ないほど利用できる額も大幅に減少するということになります。