学生ローンの限度額

学生が利用できる学生ローンにも限度額というものが設定してあり、その限度額以上の利用は不可能となっています。学生ローンの場合は、社会人ではなく学生であるということと貸金業法との関係があるため、基本的にはどの学生ローンでも50万円までが借り入れできる限度額となっています。

何故50万円という限度額になっているのかといえば、学生という収入があまり見込めない状態であるため無理な貸付を行うことで生活が困窮するのを防ぐという意味合いと、学生でも気軽に使用できる金額を考えた場合、それが50万円までであるという貸金業者の判断によるためです。その為50万円を超える貸付は原則的に行っていません。法律の問題も大きく、もし50万円を超える貸付を行う場合には、収入証明書の提出が必須となるという問題があるのと、学生の場合収入があるとしてもアルバイトでの収入に限られているという側面から社会人とは区別して貸付限度額を50万円までという設定に引き下げているわけです。

ただし注意しなければいけないのがこの50万円という限度額はあくまでも限度額であるため、誰でも申し込めば必ず50万円借りられるというわけではありません。これは貸金業法の総量規制で貸付金額の規制がかけられているためです。その為総量規制に基づき年収の三分の一を超える貸付は出来なくなっていますのでアルバイトの収入によっては限度額である50万円まで借りることが出来ないということになります。